マンガ制作について

マンガ制作の流れ

マンガを作るには、いくつかの決まりごとがあります。

●だれに読んでもらうマンガか?
⇒読者の性別、年齢層などのターゲットを決める。

●本や小冊子(印刷物)で伝えるか、webで伝えるか?
⇒伝えたい情報の内容や量、ターゲットによって、見せ方も変わります。

●いちばん伝えたい情報は何か?
⇒あれもこれも・・・と、よくばりすぎては読者に伝わりません。見せどころを整理して、ドンと伝えましょう。

 以上をふまえた上で、マンガ制作のおおまかな流れを説明します。

<1>打ち合わせ

 制作物の内容、仕様、スケジュール、ご予算などをお聞きします。
 打ち合わせの内容を元に、お見積もりを出させていただきます。

<2>あらすじとキャラクター案の作成

 お見積もりご承認後、マンガのストーリー案(あらすじ)、キャラクター(登場人物など)の設定案を制作します。
 マンガの絵柄は、内容に応じて、子ども向け、ギャグタッチ、女性向け、大人向けなどをご提案します。

<3>ラフ画の作成

 あらすじと絵柄のご承認後、マンガのラフ画を制作します。
 ラフ画とは、コマ割りとセリフが入って、簡単な絵が入っている状態です。必要に応じて、仕上がりに近い絵(鉛筆の下描き)でお見せすることもできます。
 たかまる堂のラフ画は、仕上がり同様の文字(フォント)でご確認いただけますので、とっても読みやすいですよ。
 仕上げ後の絵の変更、ストーリーの変更は原則としてできませんので、この段階でじっくりとご確認ください。


<4>仕上げ

 ラフ画ご承認後に仕上げにかかります。
 たかまる堂としての作業は、下絵を描く→ペン入れをする→色を塗る→文字と絵を重ねて完成・・・という手順で、すべての段階でデジタル機器を使用しての製作となります。納品形態は、絵のみ、あるいは版下データ(すぐに印刷できる状態)となります。web用、簡単な動作をつけるなどの製作物も承っております。

制作期間と制作費

マンガの製作期間と制作費についてご紹介します。

 

製作期間

マンガ制作にかかる期間は、制作内容によってさまざまですが、一例をご紹介します。

  ・B5〜A4サイズ 20ページ マンガ制作期間の例

内容 製作期間

4色マンガ(カラー)

約25日

1色マンガ(モノクロ)

約20日

 

 マンガ・イラスト制作のみでも承りますが、デザイン処理、印刷物での納品をご希望の場合、その製作期間がプラスされます。また、クライアント様のご検討日数は上記には含まれていません。当方のスケジュールによって変動する場合もございます。

 

 

 

 

制作費について

 マンガの制作費は、一般的にページ単価(いわゆる原稿料)で計算いたします。ただ、マンガ原稿のみの制作か、印刷物までの制作かなどによって、制作費は変わってきます。
 制作物の仕様にもよりますが、原稿料の他に、編集費、デザイン費、取材費、印刷費などが発生する場合があります。
 また、出版社様との仕事で印税契約がある場合、原稿料は通常より安く設定されることがあります。
 詳しくはお問い合わせください。